attention admin about comments trackbacks you may also like

2006年4月9日(日)清掃。

2013年07月20日
飽食日本
0
今回は、2006年4月9日(日)に行った親子でのゴミ拾いの紹介です。
久々の清掃となりましたが、出きる時にやる。 そこにはノルマも強制も義務もありません。時間の取れた時に家族で行う、 そんなゴミ拾い活動でした。
この日は息子の少年野球の練習を終えてのJR鉄橋から下流側の広場での清掃です。 息子は今回もタバコのポイ捨て拾いです。
タバコのポイ捨て拾い
上記とは違う場所でも・・・車の灰皿から捨てられたものでしょうか。
タバコのポイ捨て拾い
タバコのポイ捨て拾い
タバコのポイ捨て拾い
タバコのポイ捨て拾い
草むらの中には手付かずの弁当が捨てられていました。隣の国では餓死をしている子供もいるというのに・・・
捨てられた弁当
事務局長
家族でゴミ拾いを始めて2006年で5年となりました。昨年から使用済み割り箸、 アルミ缶のリサイクルも始めました。 現在では市内の小中学校全10校や幼稚園や事業所などに声を掛け、ペットボトルキャップの 回収も行っています。
昨年(2005年)から中間市が清掃を行っているからでしょうか、回収ゴミがずいぶん少なくなりました。 燃えるゴミが1袋、ビン・カンが9個。タバコのポイ捨ては息子215本、 私84本。合計299本の回収となりました。
息子のユニフォームは中間市軟式少年野球連盟所属「中間ドジャーズ」のユニフォームです。 監督が亡くなりチームは残念ながら解散しましたが、 故押川監督、たくさんの思い出をありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。応援よろしく です。
関連する記事
遠太
Author: 遠太
九州は福岡県中間市で環境保全や地域に関するボランティア活動中。
できる時にできる範囲で。そこには、ノルマも強制も義務もありません。

コメント(0)

There are no comments yet.