attention admin about comments trackbacks you may also like

コメント集

2019年09月17日
エコライフ
0

以前の記事で、中間市で取り組んでいる環境啓発活動「やっちゃれエコライフ2019」を紹介しましたが、みなさんから寄せられたコメントをまとめましたので、紹介したいと思います。初めて参加した小学1年生とその家族からです。

6月7日(金)に担任の先生から子どもたちへチェックシートを配布をしてもらい、6月9日(日)に家族で取り組んで、翌日月曜日に担任の先生に提出です。

市内の小学1年生に配布したチェックシート

やっちゃれエコライフ2019小学1~3年生用シートの写真
コメントは、シートの右余白に記入してもらっています。小1の家族は兄弟がいて、必ずしも初めての参加ではない場合もあります。

事前に私たちが出前講座や環境学習はしていませんが、先生が配布する時、声かけをして頂いているかもしれません。しかし、過去に1年生ではありませんが、「宿題ではないので持って来なくてもよい」と指導した先生もいました。(苦笑)

初めて参加した小学1年生とその家族のコメント

  • ごはんをのこすとごみがふえてもやすときに、にさんかたんそがふえる。(小1)
  • ごはんやおかずをのこさずたべた。(小1女子)
  • おみずのつかいすぎにちゅういする。(小1男子)
  • だらだらテレビをみるのをやめようとおもいました。(小1男子)
  • みんなでひとつのへやにいた。(小1女子)
  • いつもおとうさんが、おみずをだしっぱなしにするので、みんなでちゅういをする。(小1女子)
  • わたしはでんきおけしわすれます。これからこまめにけすようにこころがけようとおもいます。(小1女子)
  • ごみのぶんべつをしました。ごはんをのこさずたべました。(小1男子)
  • 近所のスーパーへ行く時は、なるべく歩いて行って、家からエコバックを持って行くようにしようねと家族で話をしました。(同上家族)
  • かぞくそろってゆうごはんをなかよくたべる。でんきおけす。りさいくるをする。(小1女子)
  • エコバックを持参して食材の買い物に行く。(同上家族)
  • いつもいらないでんきをけしたりしています。これからもつづけようとおもいます。(小1女子)
  • 節電や節水に対する意識が高まったように思えます。今後も続けていくことが大切だと思いました。(同上家族)
  • ごはんをのこさずたべるようにしています。(小1男子)
  • ペットボトルの捨て方(ラベルをはがし、中を水でゆすぐ)もきちんと身に付いています。テレビやゲームの時間がもう少し減るように頑張ってほしいです。(同上家族)
  • ちきゅうをまもる(小1男子)
  • 悪いと思うことは、車の排気ガスやエアコンのつけっぱなし、世界で問題になっているプラスチックゴミ、プラゴミの多い事。お店での過剰包装などを断る様にして少しでもゴミをへらす。食器類の油汚れはなるべく拭き取り洗い流さない。電気はこまめに消す。省エネ、エコ家電のものを使用する。食品ロスを少なくする為にも作りすぎない必要以上の食材を買いすぎない。(同上家族)
  • 遠くにしか出掛けなかったが、車を使わず、出掛けるのもやってみたいと話した。これからもエコライフを続けていきたい。ゴミはなるべく分別し、無駄なものは買わないようにしています。(小1家族)
  • 取り組んでいること ・ペットボトルのかいしゅうボックスにもっていってる。・えんぴつをちいさくなってもつかう。・まいにち、ハンカチをもっていく。(小1家族)
  • ご飯を大事に残さず食べることが地球にもやさしいことなんだとわかった。(小1家族)
  • これを機にテレビゲーム等の時間の見直しを考えるとともに、ご飯の量についても考える必要があると思った。(小1家族)
  • 自転車を練習して近くに行く時は自転車で行くようにしようと話しました。(小1家族)
  • 電気を消したり、のこさず食べたり、身近にやっていけることを子どもと一緒にもっと、とりくみたいと思います。(小1家族)
  • いつもはテレビがつきっぱなしになっている事が多いですが今日は娘と話し、テレビをつけずにすごしました。ごはんを残さず食べることがエコにもつながるという事なので頑張って食べようねと約束をしました。(小1家族)

A4用紙一枚を先生を通じて子どもたちに配っただけなのですが、テレビの報道もあるのでしょうか、小学1年生でも認識は高いと思います。過去に市の職員から配布する紙がもったいないと揶揄されたものですが、13年も続けるとそれなりの効果が出てることが確認できました。

関連する記事
遠太
Author: 遠太
九州は福岡県中間市で環境保全や地域に関するボランティア活動中。
できる時にできる範囲で。そこには、ノルマも強制も義務もありません。

コメント(0)

There are no comments yet.