attention admin about comments trackbacks you may also like

地震体験車

2018年02月23日
まち協
0

2月も早いもので20日を過ぎ・・・

仕事はしてないものの、何かと忙しいです。
・確定申告
・まちづくり協議会広報誌発行
・まちづくり協議会ホームページ更新
・まちづくり協議会事業報告書作製
・まちづくり協議会来年度事業立案
・青少年育成市民会議来年度事業立案
・ブログ更新
などなど・・・

まちづくり協議会では毎年、11月に中間西小学校の土曜授業で、地域の防災避難訓練を開催していたのですが、11月は地域の文化祭などの行事が多いということで、来年度は6月にしたらどうかとの意見があって、6月16日(土)で学校と調整中です。

その中で、子ども達やその親御さんたちに、地震を疑似体験してもらおうと、地震体験車に小学校へ来てもらおうと福岡県庁のホームページを調べてみました。

すると、何と、福岡県では保有していないですね。福岡県内で保有しているのは、お隣の北九州市と県南の久留米市とのこと。えっ、福岡市も持たないの?

一応北九州市に問い合わせしましたが、北九州市内では、要請があれば来ていただけるのですが、中間市、市外では当然NG。

180223-00.jpg
北九州市のホームページより引用しました。

似たような話に、北九州市立の図書館では、北九州市外の方の来館はOKでしたが、図書の貸し出しは、北九州市内にお勤めか、北九州市民でなければ図書の貸し出しはできなかったのですが、現在は、北九州市近隣の中間市と遠賀郡の4町(岡垣町、遠賀町、芦屋町、水巻町)まで貸し出しができるようになりました。

地震体験車と図書と同じ扱いになることはないですかね・・・

関連する記事
遠太
Author: 遠太
九州は福岡県中間市で環境保全や地域に関するボランティア活動中。
できる時にできる範囲で。そこには、ノルマも強制も義務もありません。

コメント(0)

There are no comments yet.