attention admin about comments trackbacks you may also like

「とまれ」表示

2017年08月16日
まち協
0

以前の記事で、「飛出し注意君」設置を紹介しました。

これは、自動車に子どもの飛出しを注意喚起するものですが、子どもたちにも注意喚起してもらおうと、「歩行者とまれプレート」を、まちづくり協議会で購入しました。

事前に、行政が警察に出向き、横断歩道の手前に表示するのは問題なしとのお墨付きです。

早速、横断歩道前に試しにスプレーで表示してみました。

う~~ん、結構スプレーが風で飛散しますね。マスク、作業着、作業靴は必須です!

しかも、スプレーも半分以上使用したみたいで、これは高くつく・・・

と、思い塗料を購入して刷毛塗りに挑戦。

見事失敗です。刷毛の一部が、路面とプレートの隙間に入り込んだみたいですね。後、ローラーで行うことも考えてのですが、路面と切り抜きプレートの間に隙間ができれば一緒のことですかね。

結局スプレーで吹き付けようと思っていますが、この暑さ。暑さが落ち着いたら表示したいと思います。

そして、飛出しと言えば、もうひとつ自転車の飛出し。

あぶないマップ8番の所で一昨年、子どもの自転車飛び出しによる交通事故が発生しました。

自動車側には、「飛出し注意君」で注意喚起をしています。

そこで、自転車止まれの切り抜きプレート購入。こちらは市販品を見つけることができず、注文したのですが・・・

警察の見解だと、自転車は軽車両であり、道路交通法が適用されるため一旦停止を求めるならば、正式な一旦停止の停止線で一旦停止を求めるべきとのこと。しかし、正式な一旦停止線の場所には補助的に表示することはできるとのことでした。

じゃあ、歩道に表示するのはいいのかなと思うと・・・

歩道は自転車の通行は禁止なので、表示すると通行を認めることになるのでダメとのこと。

結局作ったはいいが、活用できずになっています。まあ、自治会が警察に申請すれば一旦停止にできるそうですが・・・

関連する記事
遠太
Author: 遠太
九州は福岡県中間市で環境保全や地域に関するボランティア活動中。
できる時にできる範囲で。そこには、ノルマも強制も義務もありません。

コメント(0)

There are no comments yet.