attention admin about comments trackbacks you may also like

古オーディオ その2

2016年08月13日
古オーディオ
0

暑い日が続きますね。福岡県中間市では、もう3週間以上、にわか雨も降っていません。

清掃活動も8月はお休みにしています。

みなさんのブログには、毎日お邪魔させていただいていますが、最近、ユーチューブで音楽を紹介している方が多いですね。

昭和歌謡があったり、G S(ジーエス)があったり、懐かしい曲が紹介されたりしています。

G S(ジーエス)とは、今の若い方には通じませんが、グループサウンズのことで、今で言うバンドのことです。

それで、みなさん、どんな形でPCからの音楽を聴いているでしょうか。

・・・で、私のところの紹介です。

直接PCのスピーカーで聞くのではなく、古いオーディオ機器で聞いております。

先ずは、PCからの出力はUSBにてDAC(ダック)に接続。このDACは新しいです。

このDACとは、デジタルアナログコンバーターの意味で、デジタル信号をアナログ信号に変換するものです。

このDACで変換されたアナログ信号をRCAケーブルでイコライザーにつないでいます。

RCAケーブルとは、テレビとビデオをつなぐ赤と白、または赤と白と黄色のジャックが付いた電線のことです。

イコライザーは、Marantz(マランツ) EQ-20D。

1982年ごろ販売開始。当時の価格で税抜き39,800円。(はい、当時は消費税はありません)

イコライザーとは、音楽の周波数をこれは10段階に分けて、それぞれの周波数帯だけを音量調節できるものです。

イコライザーを使うのは邪道だというオーディオマニアの方もおられます。

また、横一直線のレベルで使用するならば、ないのと同じです。

イコライザーの下は、CDデッキ。今でいうCDプレーヤーです。

このCDデッキは、ONKYO Integra C-701XG。オンキョーの製品で1989年ごろ販売開始。当時の価格で57,000円。

27年前の製品ですが、すでにデジタル出力(光、同軸)を搭載しています。(う~ん、今まで使ったことがない)

時々CDを認識しませんね。酷くなると綿棒に無水エタノールをたっぷり浸し、ジャブジャブとピックアップを洗浄しています。

イコライザーからのPCの音源はアンプへは、自作の入力セレクター(切替機)を介して入力されます。

アンプは、SONY TA-F333ESX 。

1986年ごろ販売開始、当時の価格で79,800円。

30年前の製品で、数年前にヤフオクで購入。7、8千円で落札。その後、ボリュームにガリが出だし、ヤフオクで修理に出し、これも7、8千円くらいかかり、最近また、ガリが再発。今度は自分で、あるブログを参考に基板からボリュームを外し、分解清掃しました。その際、前回ヤフオクでの修理の跡は見られなかった。どうも、ボリュームの軸受けから洗浄剤を噴霧したみたいでした。

最後にスピーカーですが、

ケンウッド前身のトリオの製品です。TRIO LS-202 1979年販売開始。当時の価格で1台45,000円。

これも、ヤフオクで落札させていただきました。出品者の方がツイーターは替えておられて周波数特性は向上しているとのことでした。

そして、スーパーツイーター・・・(もどき)

昔デンオン。今デノンのスピーカーのツイーターのみをバイアンプで駆動してます。(一番小さいもの)

これもヤフオク落札なんですが、10数年前の製品ではないでしょうか。全体で鳴らすと低音が好みではなかったです。

ドッン、ドッン、と小気味の良い音ではなく、ドォン、ドォンといった感じで、持て余し気味だったんですが、スーパーツイーターもどきに使用して正解でした。

このスーパーツイーターもどきは、イコライザーのRECOUTからバイアンプ(中国製)で鳴らしています。

以上の様なことで、PCからの音楽を楽しんでいるのですが、最近気になるのが「ハイレゾ」。

ハイレゾ音源、1曲500円位して、結構高価なので躊躇していたのですが、昨年のクリスマスセールで1曲300円の時、手持ちのCDにある曲を購入して聞き比べをしてみました。

PCの再生ソフトは、ソニーの「Media Go」ハイレゾ対応、無料。曲はレベッカの「フレンズ」。

対するは、ONKYO Integra C-701XG。The Best of Dreams 4曲目。

同時に再生して、入力セレクターで瞬時に切り替えます。

結果は・・・

ハイレゾ音源の方が、一枚クリアというか、一つ上から音が出てるという感じでダイナミックレンジが広くなった、周波数特性が良くなった感じです。

そこで、スーパーツイーターもどきをオフにすると、ほとんど聞き違いは感じられませんでした。

やはり、ハイレゾ音源を楽しむには、それ相応の機器が必要と言うことでしょうか。

メインアンプ、ソニーのTA-F333ESXですが、

このアンプの上位機種があって、ヤフオクに出品されています。

整備済みってあるのですが、ボリュームのガリがこの先心配ですね。15,000円ならとは思うのですが。

もし、35,000円+送料出すなら、これがあるのです・・・

ケンウッドのアンプです。

CD音源をサンプリングしなおして、高音質の物ができるなら、CDからも直接できるのではないかと、思っていたのですが、まさにこのアンプがそれみたいです。(視聴してないの何とも言えないのですが)

しかし、昔のオーディオ機器は高かったですね。古いものは大事に使いたいと思います。

関連する記事
遠太
Author: 遠太
九州は福岡県中間市で環境保全や地域に関するボランティア活動中。
できる時にできる範囲で。そこには、ノルマも強制も義務もありません。

コメント(0)

There are no comments yet.