140910 近代化遺産「嘉麻川橋梁」訪問。
今回は福岡県直方市の近代化遺産を訪れました。直方市遠賀川に架かる元JR線、現在は 平成筑豊鉄道の「嘉麻川橋梁」です。
こちらは左岸側で、国道200号を横切っています。その踏切からの風景。右に見えるのが上り線です。
参考資料によると・・・
当時の筑豊鉄道興業が石炭運搬のため1893年(明治23年)に現在の下り線を開通させ、 その後、九州鉄道と合併、1909年(明治42年)に複線化されたとのことです。
九州鉄道は国有化され、1914年(大正3年)に鉄道院によって、当初(明治23年)の トラス橋は架け替えられたとのことです。
右岸側はガーダー橋の下をサイクリングロードとなっていて、 レンガ造りの橋脚や橋梁を観察できます。
右が下り線で、水面上のみがトラス橋(2連)で、他はガーダー橋の構造です。 右のトラス橋が国産で、後にでてきますが、左のトラス橋がイギリス製で、 構造の違いが確認できます。
このイギリス製のトラス橋と国産のトラス橋のコンビは今後の記事の中にもでてきます・・・
↓明治23年、約121年前の橋脚とその上に架かるガーダー橋。
↓明治42年、約105年前の橋脚とその上に架かるガーダー橋。
橋脚は見た目はどちらも同じデザインのようで、水の抵抗を減らすため両先端が鋭角となっています。 ガーダー橋は微妙の違いがあり、上り線のガーダー橋にはプレートが付いています。拡大すると・・・
「K・T・K(九州鉄道会社?)、パテントシャフト社、WEDNESBURY(ウェンズベリ、イギリスの地名) 1907年、イギリス」とあります。1901年(明治34年)に官営八幡製鉄所が操業したのですが、 当時は輸入してたのですね。ちなみに明治23年の下り線のガーダー橋にはプレートが見当たりません でした。
以前、この場所に来た時、ゴミの散乱が酷く、今回はゴミ拾いの準備をしてきています。
空き缶は少なかったのですが、燃えるゴミは袋一杯に。もちろん、駐車場までサイクリングロードを ゴミ拾いしながら戻ります。
途中、DVDプレーヤーが草むらの中に・・・(見逃せませんでした。)
ついでに駐車場のゴミ拾いをして終了。
行政区分が違うのですが持ち帰り、中間市のボランティアゴミ袋で処理したいと思います。
毎日がクリーンアップ!~ひとつ拾えばひとつ綺麗にできる~
ゴミを拾う勇気を出して始まり、ゴミを持ち帰り、ゴミ出し日に、家庭ゴミと一緒にゴミを出して終了です。
ブログランキングに参加しています。応援よろしく です。
トラックバックURL

https://onta0001.blog.fc2.com/tb.php/85-da1099d6

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

遠太

Author:遠太
九州は福岡県中間市で環境保全や
地域に関するボランティア活動中
できる時にできる範囲で。
そこには、ノルマも強制も義務も
ありません。

ホームページ
中間西校区まちづくり協議会ホームページ
遠賀川ボランティア清掃の会へジャンプ 遠賀川ボランティア清掃の会へジャンプ
今後の清掃予定
10月27日(金)9:00~
 中島清掃
 中島入口駐車場集合
10月29日(日)9:00~
 清掃美化ボランティア活動
 宮林公園集合
10月29日(日)9:00~
 曲川清掃
 体育文化センター横集合
11月12日(日)9:00~
 グリーンクリーンなかま
 JR中間駅集合
素材をお借りしています。
ランキング参加
FC2ランキング にほんブログ村 環境ブログ 環境ボランティアへ
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
リンク
カテゴリ

pagetop ↑

Copyright © 2017 遠太 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.