161018 古オーディオ アンプ修理
以前の記事で紹介した、ソニーのアンプ。
およそ、30年前に販売開始されたもので、ヤフオクで手に入れたのが昨年の3月。
最初は完動品でしたが、ボリュームにガリが出るようになり・・・
一度、ヤフオクで修理に出したのですが、ふた月ほどで再度ガリが出て、だまされた思い・・・(自己責任ですね)
今度は自分で、ボリュームを取り外し、洗浄剤で清掃したのですが、それもしばらくするとガリが出て・・・
もう、部品を取り換えるしかしかなくなり・・・
当然、純正部品はなく・・・ネットで検索してみると・・・
有りました、代替え部品。
発注から3週間ほどで送って来ましたので、先日、交換しました。
先ずは、サイドのウッドパネルを外し、上部カバーを外します。
そして、前面のパネルを外します。
メインのボリュームとその下のバランス調節用のボリュームのつまみを外し、
前面のシャーシーを傾け、ボリューム基板を取り出します。
取り出しました。左側がメインのボリュームになります。
半田吸い取り線を使って、半田を取り除き外します。
右側が外したボリューム。左が新しいボリュームです。
外観は全く一緒で、規格が純正は120キロオームですが、代替え品は100キロオームになります。
新しいのを基板に半田付けして元に戻します。
無事、成功です。
音も良くなったみたいな気がする・・・(プラシーボ効果ですかね)
ブログランキングに参加しています。応援よろしく です。
Comment(2) Trackback(0)『フルオーディオ』 pagetop ↑
160813 古オーディオ
暑い日が続きますね。福岡県中間市では、もう3週間以上、にわか雨も降っていません。
清掃活動も8月はお休みにしています。
みなさんのブログには、毎日お邪魔させていただいていますが、最近、ユーチューブで音楽を紹介している方が多いですね。
昭和歌謡があったり、G S(ジーエス)があったり、懐かしい曲が紹介されたりしています。
G S(ジーエス)とは、今の若い方には通じませんが、グループサウンズのことで、今で言うバンドのことです。
それで、みなさん、どんな形でPCからの音楽を聴いているでしょうか。
・・・で、私のところの紹介です。
直接PCのスピーカーで聞くのではなく、古いオーディオ機器で聞いております。
先ずは、PCからの出力はUSBにてDAC(ダック)に接続。このDACは新しいです。
このDACとは、デジタルアナログコンバーターの意味で、デジタル信号をアナログ信号に変換するものです。
このDACで変換されたアナログ信号をRCAケーブルでイコライザーにつないでいます。
RCAケーブルとは、テレビとビデオをつなぐ赤と白、または赤と白と黄色のジャックが付いた電線のことです。
イコライザーは、Marantz(マランツ) EQ-20D。
1982年ごろ販売開始。当時の価格で税抜き39,800円。(はい、当時は消費税はありません)
イコライザーとは、音楽の周波数をこれは10段階に分けて、それぞれの周波数帯だけを音量調節できるものです。
イコライザーを使うのは邪道だというオーディオマニアの方もおられます。
また、横一直線のレベルで使用するならば、ないのと同じです。
イコライザーの下は、CDデッキ。今でいうCDプレーヤーです。
このCDデッキは、ONKYO Integra C-701XG。オンキョーの製品で1989年ごろ販売開始。当時の価格で57,000円。
27年前の製品ですが、すでにデジタル出力(光、同軸)を搭載しています。(う~ん、今まで使ったことがない)
時々CDを認識しませんね。酷くなると綿棒に無水エタノールをたっぷり浸し、ジャブジャブとピックアップを洗浄しています。
イコライザーからのPCの音源はアンプへは、自作の入力セレクター(切替機)を介して入力されます。
アンプは、SONY TA-F333ESX 。
1986年ごろ販売開始、当時の価格で79,800円。
30年前の製品で、数年前にヤフオクで購入。7,8千円で落札。その後、ボリュームにガリが出だし、ヤフオクで修理に出し、これも7、8千円くらいかかり、最近また、ガリが再発。今度は自分で、あるブログを参考に基板からボリュームを外し、分解清掃しました。その際、前回ヤフオクでの修理の跡は見られなかった。どうも、ボリュームの軸受けから洗浄剤を噴霧したみたいでした。
最後にスピーカーですが、
ケンウッド前身のトリオの製品です。TRIO LS-202 1979年販売開始。当時の価格で1台45,000円。
これも、ヤフオクで落札させていただきました。出品者の方がツイーターは替えておられて周波数特性は向上しているとのことでした。
そして、スーパーツイーター・・・(もどき)
昔デンオン。今デノンのスピーカーのツイーターのみをバイアンプで駆動してます。(一番小さいもの)
これもヤフオク落札なんですが、10数年前の製品ではないでしょうか。全体で鳴らすと低音が好みではなかったです。
ドッン、ドッン、と小気味の良い音ではなく、ドォン、ドォンといった感じで、持て余し気味だったんですが、スーパーツイーターもどきに使用して正解でした。
このスーパーツイーターもどきは、イコライザーのRECOUTからバイアンプ(中国製)で鳴らしています。
以上の様なことで、PCからの音楽を楽しんでいるのですが、最近気になるのが「ハイレゾ」。
ハイレゾ音源、1曲500円位して、結構高価なので躊躇していたのですが、昨年のクリスマスセールで1曲300円の時、手持ちのCDにある曲を購入して聞き比べをしてみました。
PCの再生ソフトは、ソニーの「Media Go」ハイレゾ対応、無料。曲はレベッカの「フレンズ」。
対するは、ONKYO Integra C-701XG。The Best of Dreams 4曲目。
同時に再生して、入力セレクターで瞬時に切り替えます。
結果は・・・
ハイレゾ音源の方が、一枚クリアというか、一つ上から音が出てるという感じでダイナミックレンジが広くなった、周波数特性が良くなった感じです。
そこで、スーパーツイーターもどきをオフにすると、ほとんど聞き違いは感じられませんでした。
やはり、ハイレゾ音源を楽しむには、それ相応の機器が必要と言うことでしょうか。
メインアンプ、ソニーのTA-F333ESXですが、
このアンプの上位機種があって、ヤフオクに出品されています。
整備済みってあるのですが、ボリュームのガリがこの先心配ですね。15,000円ならとは思うのですが。
もし、35,000円+送料出すなら、これがあるのです・・・
ケンウッドのアンプです。
CDの昔の音源をサンプリングしなおして、高音質の物ができるなら、CDからも直接できるのではないかと、思っていたのですが、まさにこのアンプがそれみたいです。(視聴してないの何とも言えないのですが)
しかし、昔のオーディオ機器は高かったですね。古いものは大事に使いたいと思います。
ブログランキングに参加しています。応援よろしく です。
Comment(0) Trackback(0)『フルオーディオ』 pagetop ↑
150225 フルオーディオ。
最近のマイブームが「フルオーディオ」です。「古オーディオ」、古いオーディオ機器のことです。
「ビンテージオーディオ」という趣味の世界があるのですが、そこまでお金が無いので「古オーディオ」。
若いころオーディオブームでして、私もハマってました。当時からの機器も持っています。
CDデッキはオンキョウのC-701XG、1989年発売、定価5万7,000円。25年ほど前購入。もちろんCD-Rは再生不可。(写真をクリックすると解説のサイトへリンクしています。)
先日、トレイの開閉ができなくなり、ネットを参考に自分でベルトを交換してみたのですが、純正部品はもう有りませんから寸法的に近いベルトを購入、トレイが出てくる時はいいのですが、閉める時は手で押してアシストしています・・・
しかし、ヤフオクでベルトを作成してくれる人を見つけ、注文することに。 ヤフオク→ご好評 SONYほか各社のカセットデッキのベルト2本組作成します
↓これは、イコライザーアンプ、マランツのEQ-20D、1981年発売、定価3万9,800円。これも25年ほど前に知人から中古で購入。
つぎに、プリメインアンプ、ヤマハのA-500。1982年発売、定価4万9,800円。数年経過し、故障した際、メーカーに問い合せたのですが、部品が無いということで廃棄(リサイクル)しました。
しかし、このヤマハA-500の音が忘れらずにいたのですが、何とヤフオクでボリュームにガリがあるということでジャンク品として1,000円で出品されていたものを、運よく1,000円のまま落札させていただきました。
受け取り後、出品者の方へのコメントに「初恋の人に再会したようです。」と返しましたが、本当に、別れた人が帰ってきてくれた感じなのです。
上の写真、右上のオンキョーのアンプと聞き比べても、好みもあるのでしょうが違います。最新のアンプはどうなんでしょう?しかし、昔の機器はレコードプレーヤーに合わせているので大きいですね。
で、心地よく聴いていたのですが、やはり以前のものと同じ症状、片方から音が出なくなり、音量を上げると音が出だし、一度音が出ると音量を戻してもOKとなります。
アンプにはスピーカーを保護するため、リレーが使用されているのですが、その接点の接触不良が原因で、ネットにもたくさん紹介されていました。
今回は、廃棄する事なく自分でネットを参考に修理することに・・・
リレーを基板から外し、代替品のリレーと交換するのですが、現在注文していて次回紹介しようと思っていますが、できるかな?
物は大切に・・・
ブログランキングに参加しています。応援よろしく です。
Comment(0) Trackback(0)『フルオーディオ』 pagetop ↑
161019 古オーディオ アンプ修理
以前の記事で紹介した、ソニーのアンプ。
およそ、30年前に販売開始されたもので、ヤフオクで手に入れたのが昨年の3月。
最初は完動品でしたが、ボリュームにガリが出るようになり・・・
一度、ヤフオクで修理に出したのですが、ふた月ほどで再度ガリが出て、だまされた思い・・・(自己責任ですね)
今度は自分で、ボリュームを取り外し、洗浄剤で清掃したのですが、それもしばらくするとガリが出て・・・
もう、部品を取り換えるしかしかなくなり・・・
当然、純正部品はなく・・・ネットで検索してみると・・・
有りました、代替え部品。
発注から3週間ほどで送って来ましたので、先日、交換しました。
先ずは、サイドのウッドパネルを外し、上部カバーを外します。
そして、前面のパネルを外します。
メインのボリュームとその下のバランス調節用のボリュームのつまみを外し、
前面のシャーシーを傾け、ボリューム基板を取り出します。
取り出しました。左側がメインのボリュームになります。
半田吸い取り線を使って、半田を取り除き外します。
右側が外したボリューム。左が新しいボリュームです。
外観は全く一緒で、規格が純正は120キロオームですが、代替え品は100キロオームになります。
新しいのを基板に半田付けして元に戻します。
無事、成功です。
音も良くなったみたいな気がする・・・(プラシーボ効果ですかね)
ブログランキングに参加しています。応援よろしく です。
Comment(0) Trackback(0)『フルオーディオ』 pagetop ↑
プロフィール

遠太

Author:遠太
九州は福岡県中間市で環境保全や
地域に関するボランティア活動中
できる時にできる範囲で。
そこには、ノルマも強制も義務も
ありません。

ホームページ
中間西校区まちづくり協議会ホームページ
遠賀川ボランティア清掃の会へジャンプ 遠賀川ボランティア清掃の会へジャンプ
今後の清掃予定
3月12日(日)9:00~
 グリーンクリーンなかま
 JR中間駅集合
3月14日(火)9:00~
 清掃美化ボランティア活動
 ロイヤル中間店駐車場集合
3月24日(金)9:00~
 中島清掃
 中島入口駐車場集合
素材をお借りしています。
ランキング参加
FC2ランキング にほんブログ村 環境ブログ 環境ボランティアへ
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
リンク
カテゴリ

pagetop ↑

Copyright © 2017 遠太 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.