2014年7月古紙リサイクル。
私の住んでいる地区に月に一度、昔で言う「ちり紙交換」が来ます。 主に古紙やアルミ缶を回収してもらい、トイレットペーパーをいただくことができます。 私もリサイクルの観点から利用しているのですが、それではひと月にどれくらいの量を リサイクルしているのでしょうか。
ひと月でこんな量になりました。
意外と、郵便物が多いですね。 それと、大好きなビールは高いので、普段飲んでいる発泡性のリキュール酒のパック紙や、 ティッシュペーパーの空き箱など・・・
郵便物の封筒は見出しのセロハン部分を切り取ります。封筒の中の個人情報が記載されているものは 後述のシュレッダーにかけます。 ティッシュペーパーの箱もビニール部分を取り外し、ビニールだけが取れれば廃プラのリサイクルへ、 紙が残っていれば燃えるゴミへ分別します。
私が購入している発泡性のリキュール酒はこれなのですが・・・
イオングループのイオントップバリューが輸入販売している「バーリアル」という 製品です。省梱包と言っていいのでしょうか、段ボールの部分は下半分だけで上部は ビニールで各別々に分別ができます。(ただ、持ちにくいです。)
この際、以前子どもの小学校のPTA役員をしていた時のプリントもリサイクルします。 もちろんこのままでは個人情報もありますので、シュレッダーを購入しました。
なんと、アマゾンブランドです。3000円で購入しました。 幅約6ミリで縦に一方向だけの裁断です。裁断したものを見ると、住所や、名前の二文字 までは確認できますが、裁断した中から、繋ぎ合わせて個人情報を得ることは困難でしょう。
(一応、袋の中でシャッフル、よく掻き混ぜておきました・・・)
このシュレッダーは中々の優れものです。一度にA4用紙8枚まで裁断できますが、 その場合はかなり負荷がかかった音がします。連続使用時間も数分とありましたので、 扇風機で本体を空冷しながら一枚一枚裁断することで、時間はかかりましたが連続使用が可能でした。 しかし、音はかなり大きいです。
古紙の分別は、「新聞紙と折り込みチラシ」、「段ボール」、「それ以外」の三種類です。
3R(スリーアール)
3R、リデュース(ゴミ減量) 、リユース(再使用) 、リサイクル (再資源化)の考えからすると、 リサイクルは最後の手段。先ずはリサイクルしなくてすむように買い物をすることが必要です。
我が家の場合、やはりビール系の飲料は6本パックのバラ買いにすれば、紙のリサイクル量は減るんですが、 6本パックを四つ買うより、24本パックを買った方が安いんです。 考えてみれば製造元からは24本パックで出荷されているのですから、バラにする方がコストがかかる ということでしょうが、なにか釈然としませんよね。
ブログランキングに参加しています。応援よろしく です。
Comment(0) Trackback(0)『ゴミ問題』 pagetop ↑
震災瓦礫受け入れの北九州市は近隣市町のゴミ焼却にも配慮を・・・
中間市は近隣の遠賀郡4町と広域行政事務組合を組織し、 ゴミ処理などを行っています。
平成18年度までは組合自前のゴミ焼却場があったのですが、平成18年度いっぱいで廃止、 19年度からはお隣の政令都市北九州市にゴミ焼却を委託しています。
中間市と近隣の遠賀4町のゴミ(以下、中間市などのゴミ)は、 遠賀郡岡垣町のリレーセンターに 運ばれ、そこで一時保管し、10トン車に積み替え北九州市に 運んでいます。
岡垣リレーセンター
遠賀・中間リレーセンター
北九州市には三つのゴミ焼却場があり、 19年度当初は一番近い、リレーセンターから12.4Kの距離の皇后崎工場に搬入していました。
北九州市皇后崎工場
皇后崎工場 北九州市八幡西区、処理能力810トン/1日
しかし、皇后崎焼却場の焼却炉が故障し、急遽、その次に 近いリレーセンターから27.1K離れた日明焼却場に搬入することになりました。
北九州市日明工場
日明工場 北九州市小倉北区、処理能力600トン/1日
ところが、この日明焼却場で規定値を上回るダイオキシン値が 測定され、焼却中止。(決して中間市などのゴミで規定値を上まったわけではありません。)
そして、リレーセンターから54K離れた一番遠い新門司焼却工場へ 搬入されるようになりました。
北九州市新門司工場
新門司工場 北九州市門司区、処理能力720トン/1日
その後、皇后崎工場の焼却炉も改修され、日明工場の ダイオキシン問題も解決されたのですが。 中間市などのゴミは依然、現在も54Kも離れた新門司工場での焼却が 続いています。
搬入ルートは北九州市が株主の北九州都市高速道路経由となっております。
手持ちの資料では平成20年度の中間市などのゴミの北九州市への 焼却委託は38,668トン。リレーセンターで10トントラックに積み替えて約3,800回。
都市高速代は大型車1000円ですから、報復年間約760万円。 燃料代はリッター3キロで計算して片道、約18リットル。 リッター120円で年間約1,662万円。
もし、一番近い当初の都市高速を経由しないですむ皇后崎工場だと 約2,000万円もの経緯が削減できます。5年で1億です。
今回、北九州市が震災瓦礫を受け入れるのは、 港のそばの新門司工場と、日明工場のようで、 コストの安い海上輸送をするみたいです。
このことに異論はありません。 ただ、願わくば、中間市などのゴミを新門司工場で焼却している分と 震災瓦礫を日明工場で受け入れ予定分と入れ替えていただくだけで、 都市高速は通らなくてはいけませんが、距離が約半分になる分、燃料代で 年間約839万円、そして、地球温暖化防止のための二酸化炭素排出削減にも つながると思うのですが・・・
ブログ村ブログトーナメント参加
ハジマリ!ブログトーナメント
優勝!!応援ありがとうございました。
FC2ブログ、集合!3 ブログトーナメント
みな様のおかげで準優勝しました。
Comment(2) Trackback(0)『ゴミ問題』 pagetop ↑
プロフィール

遠太

Author:遠太
九州は福岡県中間市で環境保全や
地域に関するボランティア活動中
できる時にできる範囲で。
そこには、ノルマも強制も義務も
ありません。

ホームページ
中間西校区まちづくり協議会ホームページ
遠賀川ボランティア清掃の会へジャンプ 遠賀川ボランティア清掃の会へジャンプ
今後の清掃予定
3月12日(日)9:00~
 グリーンクリーンなかま
 JR中間駅集合
3月14日(火)9:00~
 清掃美化ボランティア活動
 ロイヤル中間店駐車場集合
3月24日(金)9:00~
 中島清掃
 中島入口駐車場集合
素材をお借りしています。
ランキング参加
FC2ランキング にほんブログ村 環境ブログ 環境ボランティアへ
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
リンク
カテゴリ

pagetop ↑

Copyright © 2017 遠太 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.